TAG Heuer(タグ・ホイヤー)
スイス アヴァンギャルド

タグ・ホイヤーは1860年にエドワード・ホイヤーによってスイスのサンティミエで創業した時計メーカーです。
当初から優れた技術力を持っていたタグ・ホイヤーは、1887年に振動ピニオンの特許を所得します。振動ピニオンはクロノグラフ機構の核となる機構で、現在もスイスの主要な時計メーカーに採用されています。
スポーツウォッチの開発に力を入れたタグ・ホイヤーは、1916年世界で初めて1/100秒を計測できる機械式クロノグラフを開発します。その後、1920年アントワープオリンピックで公式時計に初めて採用され、1971年にはF1のタイムキーパーを担当することになります。そして、日本でもファンの非常に多く「音速の貴公子」と呼ばれた天才F1レーサー、アイルトン・セナをアンバサダーに迎え、ラグジュアリースポーツウォッチ「S/el」を提供したことにより、タグ・ホイヤーは日本でも爆発的な人気を得るのです。

現在はシンプルな腕時計の王道的デザインのタグ・ホイヤーカレラ、堅牢なケースで300メートル防水を実現したアクアレーサー等が挙げられます。そして、何よりタグ・ホイヤーが世界中のファンより指示されるところは、非常にコストパフォーマンスが高いことです。20万円から30万円ほどで性能の高いモデルを揃えており、初めて機械式時計の購入を考えていらっしゃる方にとってとてもお勧めのブランドです。