IWC(アイ・ダブリュー・シー)
技術に裏打ちされた、実直な時計作り

1868年の創業時からスイスの伝統技術とアメリカの機械自動化の製造技術を一体化し、効率的で完成度の高い時計作りを目指したIWC。
その魅力は端正なデザインだけではなく完成度の高いムーブメントにあります。
IWCのコンセプトは“技術の探求によって良い時計を作る”こと。

三大複雑機構と呼ばれる永久カレンダー、トゥールビヨン、ミニッツリピーターを網羅するポルトギーぜ。
耐磁性や視認性等の実用性に優れたパイロットウォッチや、メルセデスとパートナーシップを結び、カーボンやセラミックなどの新たな素材に挑戦しているインジュニア。
いずれもその時期のIWCの技術者たちの研鑽の結晶です。
また、最優秀と言われる規格を超える厳しい規格を自社で設けるなど、高精度として知れ渡り、優れたメンテナンス体制により長期にわたって愛用できる時計としての信頼もまた、このメーカーの大きな魅力の一つです。

最高品質を生み出すメーカーとして、常に努力を続けるIWC。そこには「時が経っても変わらぬ価値を保ち、世代を超えて受け継がれる、実用的で高精度なタイムピースを製造し続けていきたい」という願いがあります。独自のスタイルで時計と向き合い、いつまでも満足してもらえるような高品質な時計を作る。そう考えているからこそIWCはこれまで素晴らしい時計を多く輩出してこれたのです。