G-SHOCK(ジーショック)
進化に終わりはない

G-SHOCKの開発研究が始まったのは、1981年。当時の目標は「トリプル10」(落下速度10m、防水10m、電池寿命10年)を掲げ、1983年に最初のG-SHOCKであるDW-5000C以来全てのG-SHOCKシリーズはこの性能をクリアしています。

G-SHOCKはアメリカ合衆国にも輸出されるようになりましたが、この時、宣伝文句として「アイスホッケーのパック代わりにしても壊れない」というフレーズが使用されました。ところが、このフレーズが『誇大広告ではないのか?』との意見が寄せられたため、あるテレビ番組の中で検証されることとなりました。結果、プロホッケー選手によるシュートによっても機能を喪失しないことが証明され、これをきっかけに、アメリカ合衆国で人気に火がつきました。また、日本では1994年公開の映画『スピード』において、キアヌ・リーブスが演じる主人公がG-SHOCKを着用していたことから、人気が高まったといわれています。

現在ではGPSを搭載したモデルや、そういった最新技術を日本の職人たちが仕上げているプレミアムなラインも充実し、商品の幅に広がりを見せています。