グランドセイコー(GRAND SEIKO)
日本が誇るマニファクチュールブランド。

ブランドロゴ画像
1960年、グランドセイコーは世界最高級の腕時計を作り出すという決意から誕生しました。
誕生以来、腕時計の本質を高い次元で追求し、グランドセイコーの伝統と品質は今日まで受け継がれています。
グランドセイコーはムーブメントの設計から開発、製造、組立、調整、検査、出荷までを自社ですべて担う真の「マニュファクチュール」で、最先端の技術と最高レベルの匠の技を融合して作られている腕時計です。
パーツ一つひとつを素材そのものから研究・開発できる環境が、「正確さ」「美しさ」「見やすさ」そして「長く愛用できること」「使いやすいこと」をすべてかなえる時計づくりを可能にしています。
 
9Sメカニカルムーブメント
9Sメカニカルは、スイスのクロノメーター検定よりも厳しいGS規格に準拠する高精度のグランドセイコー専用ムーブメントです。
最新技術と匠の技を融合したマニュファクチュールならではの技術が詰まっています。
脱進機の製造には半導体の生産で使われる先端技術であるMEMS(メムス)を採用し、素材の軽量化による駆動効率と耐久性が向上しました。
そして、優れた技能を持つ職人の手作業で1/100mm単位で調整し、丁寧に組み立てています。
 
9Fクオーツムーブメント
世の中にあるほとんどのクオーツはプラスチックのパーツを多用しているので自動組立てですが、グランドセイコーの9Fクオーツは耐久性の高い専用の金属パーツを職人が手組みしており、注油する油も複数の種類を使い分けているので機械組みでは不可能な精密な造りとなっています。時を刻む音の響きまで考えられた、世界トップクラスの精度を誇ります。
 
9Rスプリングドライブムーブメント
クオーツと機械式のメリットを融合させた革新的なムーブメントです。
ぜんまいを動力に針を動かしながら、クオーツの原理でスピード制御しているので
いつでも変わらない高精度で使える世界唯一のシステムです。
音もなくダイヤルの上を滑らかに回転するスイープ運針はまさに時の流れを映し出します。