BREITLING for BENTLEY(ブライトリング フォー ベントレー)
究極のもの作り

ブライトリングとベントレーのパートナーシップが結ばれたのは2002年のこと。
かたや1883年に創業の航空クロノグラフの第一人者、こなたは1919年創業の英国屈指の高級スポーツサルーンメーカー。よく見ればブランドロゴが実によく似ているということはありますが、それを除いてはなんの共通点もないと思われる両者が突如としてパートナーシップをスタートさせたのです。
この話を持ち込んだのはベントレー側からで、当時話を聞いた現ブライトリングCEOセオドア・シュナイダーはとても驚いたといいます。彼は時計好きの例に漏れず車好きでもあり、フェラーリ5台とベントレーを2台も所有していたのですから納得です。

2003年にはベントレーモデルの最初の時計「ベントレー モータース」を発表し、その年のイタリアではブライトリング全モデルの中でトップセールスを記録します。今では自社キャリバーを搭載するハイクラスなライナップとして独自の存在感を放っています。


 
 

正規店のため公式サイトをご覧ください。

BREITLING for BENTLEY公式サイト:http://www.breitlingforbentley.jp/