BAUME&MERCIER(ボーム&メルシェ)
1830年から続く一族の伝説

ボーム&メルシエは世界で6番目に古い老舗の時計ブランドです。

その歴史は1830年、ルイ=ヴィクトールととセレスタン・ボーム兄弟がスイスのジュラ地方、レ・ボアという村に時計工房を開いことで始まります。
最先端の技術と取り入れた素晴らしい時計をつくる工房として高く評価され、「いかなる妥協もせず、最高品質の時計だけを作る」という信念のもと、彼らの会社は急速に成長し一躍時計業界に参入していきました。
1918年、創業者の孫である時計師ウィリアム・ボームと実業家のポール・メルシエが出会い共同で事業を進める中、ジュネーブにボーム&メルシエ社を創立。均整のとれた特殊なフォルムのモデルを発表し、腕時計の分野において最も精力的に創作活動を行うブランドの一つになりました。

本物の価値と手頃な価格。これは、ラグジュアリーブランドであるボーム&メルシエの基本的な考え方であり、その感動に値するクオリティは、人生の最も重要な時と思い出を大切にするという方針の上に築かれています。
 

正規店のため公式サイトをご覧ください。

BAUME&MERCIER公式サイト:http://www.baume-et-mercier.jp/home.html